インフォメーション

2018年9月24日

防災の日9月1日 避難袋におくちケアセットを!推進運動しました。

多くの地域で、地震、台風、大雨などの災害が起きていますね。被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

9月1日防災の日に。和歌山県歯科衛生士会では、避難袋おくちケアセットを入れよう!を推進するために、洗口液・歯間ブラシのセットをJR和歌山駅で配布しました。
多くの方が、笑顔とともに受け取っていただき、感謝しております。
ひとたび災害が起こってしまうと、いつもと同じ歯磨きや入れ歯の管理が出来なかったり、お喋りをする気持ちになれなかったりと、日常生活が起これないことも多いかと思います。
お口の中では、歯磨きや入れ歯の洗浄が出来ないこと、ストレスなどで唾液が出にくくなることなどから、細菌が増殖し、歯周病やむし歯が進行しやすくなります。
また、その増えた細菌が原因で誤嚥性肺炎が起きることも!
そのようなことを予防するために、避難袋には いつも使用している歯ブラシ・歯間ブラシ・糸ようじ・義歯洗浄剤・洗口液を家族の人数分入れておきましょう!

予防のためには、日ごろからのお手入れと、歯科医院への定期受診も効果的です。

今回、ご協力をいただきましたサンスターさんのHPに詳細があります。ご参照くださいね。
http://jp.sunstar.com/bousai/top.html

インフォメーション 一覧